• facebook
  • Twitter
  • calendar

  • グローバルナビ

物産展開催スケジュール 2020年1月 前の月 次の月
S M T W T F S
01020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
262728293031
facebook twitter

Informations

陸前高田物産展2016年9月5日 更新

TOHOKU LOVERS Fes 2016

開催日:2016年3月19日 (土) 10:00-18:00

開催場所:ビジョナリーアーツ1F

皆様、いつもお世話になっております。

SAVE TAKATAの吉田です。

 

2016月3月19日(土)と20日(日)の2日間、渋谷区で開催されます『TOHOKU LOVERS Fes 2016』に、
陸前高田物産展ブースを出展させていただきます。

・TOHOKU LOVERS Fes 2016

http://tohokuloversfes2016.jimdo.com/

近隣の方々には是非ともご来場頂けます事を、心よりお願い申し上げます。
また当日お手伝いいただけるボランティアスタッフの募集もしております!

開催日 2016年3月19日 (土) 10:00-18:00
開催内容 陸前高田の物産を現地の皆様に販売・ご紹介致します。
お手伝いいただけるボランティアの皆様を募集しておりますので、
ボランティアご希望の方はページ最下部の応募フォームからご連絡くださいませ。
多くの皆様にご協力いただけますよう、お願い申し上げます。

当日のスケジュール、内容は下記の通りです。

■募集人数
6名
■スケジュール
9:00  集合・準備
10:00 開催

18:00 撤収準備
19:00 解散
■当日の内容
・陸前高田物産の販売
■服装
オリジナル半纏を着用予定です。
■備考
現地集合、現地解散です。
ご持参いただくものは特にございません。
場所 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町23-18
最寄駅:副都心線、東急東横線、東急田園都市線 「渋谷駅」西口下車徒歩3分
2016年3月19(土)20(日)、渋谷デイライトキッチンにて、
『TOHOKU LOVERS Fes 2016』に参加させていただきました。

《東北へのとびら 東北を日常のなかへ》
東北を知りたい!味わいたい!行きたい!感じたい!考えたい!
様々な思いを持つ方々が仲間になれたら!
それぞれのかたちで東北と関わる人のための熱いイベントです。

東北で様々な活動をする皆様が集まる会場で、
大きなスクリーンを使用して活動紹介を行ったり、
赤坂にある東北の旬の食材が楽しめるお店『トレジオン』による、
東北の食材、お酒を使った飲食の販売もされてました。
どちらも終日沢山のお客様で大盛況でした!

陸前高田応縁隊では陸前高田物産展と、これまでの活動報告をさせていただきました。

物産販売を中心としたいつもの活動とは少し違い、
各団体様の活動報告中心となるイベントでしたが、
東北を愛する様々な団体様やお客様と交流することができ、
新しい出会い・気づきを頂いたイベントとなりました。

また、アクセスの良い都心での開催ということで、
普段なかなかお越しになれない方にもご来場いただいて、
美味しいものを食べながらブースに長い時間足を止めていただき、
お話をさせていただくことが出来ました。

今回会場をご提供いただきました、
『TOHOKU LOVERS Fes 実行委員会』の皆様、
ご来場いただきましたお客様、
商品をご提供いただきました陸前高田事業者の皆様、
ご参加いただきましたボランティアの皆様、
ご一緒させて頂きました他団体の皆様、
皆様のおかげで無事開催することが出来ました。
本当にありがとうございました。

『本日の物産』
・磯ヤ海産 (海産乾物類)
・工房めぐ海 (おやき)
・あすなろホーム (シフォンケーキ・ゆず塩)
・東海堂 (くるみゆべし・季節のどら焼き(桜)・薄皮酒まんじゅう)
・ひころいちファーム (米粉ぱすた・ばすたソース)
・らら・ぱれっと (りんごジャム・りんごジュース )
・神田葡萄園(マスカットサイダー)
・きのこのSATO (乾燥しいたけ)

【販売結果報告】
売上金額:¥98,700
売上総数:365品
完売商品:14商品
ボランティア数:12名

今後ともよろしくお願い致します。
SAVE TAKATA 陸前高田応縁隊
隊長 吉田 隆介

ボランティアに応募する

氏名(必須)
フリガナ(必須)
生年月日(必須)
西暦
性別 :
電話番号(必須)
メールアドレス(必須)
ボランティア経験の有無 :
※参加日をご記載ください(①初日、②2日目、③両日など)
ボランティア経験の内容や今回参加する上での想いなどもご自由にご記載ください :

© 陸前高田応縁隊